箱物板金・精密板金 加工パートナーとして

あらゆる産業機械・装置の筺体・部品加工における必須要素技術が、箱物板金加工技術ならびに精密板金加工技術です。

板金加工へのこだわり

当社が得意とする板金加工、中でもスチールやステンレスの薄鋼鈑を主材料とする精密板金加工・箱物板金加工の用途は、非常に広範囲に及びます。

仁張工作所が考えるお客様志向

時代の変化とともに、お客様からの要求も多様化しています。例えば、板金サプライの短期集中化・オーダーサイズの短納期対応・板金以外の素材や加工方 法を含めた完成品プロデュース。

しかしながら、それら板金加工技術は基盤技術であるものの、ほとんどのメーカー様にとってそれ自体が商品価値を持つものではなく、
箱物板金加工技術の場合は、“器”とか“化粧・保護するもの”に過ぎず、精密板金加工技術についても商品を構成する脇役に過ぎません。
当社では昭和39年の創業以来、要素技術である箱物板金加工・精密板金加工技術のノウハウを蓄積してまいりました。
当社は板金設計技術と板金加工技術を基軸に、設計から資材調達、NCT(ターレットパンチプレス)/レーザー複合加工、
プレスブレーキによる機械加工、溶接組立、塗装、仕上アッセンブリーと一貫生産対応できる設備やノウハウを自社で保有し、
メーカー様をはじめとする様々な分野のお客様のお役に立てるサプライヤーとして『板金加工の専門家集団』であることを事業の大きな柱としています。
是非とも当社を板金加工のパートナー・サプライヤーとしてご検討いただきますようお願い申し上げます。