環境活動

  

仁張工作所の“ 環境 ”へのこだわり

私達は、板金加工の事業活動に、環境に影響する項目があることを認識しており、『 環境マネジメントシステム(EMS)』を構築し、
EMSの維持と継続的改善を図ることによって、より地球環境、地域環境にやさしい環境維持改善活動に取り組んでおります。

2009年3月20日(改1:11月11日) 株式会社仁張工作所 (認証・登録番号 0000049)

2006年度環境月間金賞受賞ポスター

2008年度環境月間金賞受賞ポスターです。
(総務経理部門渡辺さんの作品)

2008年度環境活動レポート発刊にあたって

社長コメント

代表取締役 仁張正之

当社では、エコアクション21認証・登録事業者として、「エコアクション21 環境経営システム・環境活動レポートガイドライン 2004年版」に基づいて環境活動レポートを毎年発行しています。

2009年3月、2008年度環境活動レポートの社長コメントを書くタイミングでビッグニュースが届きました。なんと、第12回環境コミュニケーション大賞 環境活動レポート部門 で優秀賞の一つに当社の2007年度環境活動レポートが選ばれたという、  大変栄誉あるニュースでした。第9回環境コミュニケーション大賞で同じ賞を受賞して以来、2回目の受賞です。ありがとうございました。

2008年の活動の特徴は、「収集するデータの変化を気にするようになってきたこと」を挙げたいと思います。

板金加工製造業の当社にとって2008年前半は、高騰する鋼材やプロパンガスの対応に追われました。夏場の電力使用ピークにどのように対処するかなど、コスト意識も環境活動に貢献することを社内に発信し取り組みました。また、7月に実行した当社にとって大きな設備更新による環境側面に対する影響の大きさを認識するなどデータの変化に一喜一憂するレベルになったことに成長を感じました。一方で、マンネリ化というか、「何のために活動するのか?」についてぼやけてきたのか、定例行事に対する熱意が薄れていることに気をつけたいと思います。

もう一つは、地域の中に同じような環境活動をする企業がでてきた事です。近隣の企業にアンケートを配布したり、清掃活動を拝見するようになりました。当社にとっても大きな刺激となりました。

2004年11月に当社がエコアクション21の認証・登録した番号は(0000049)でした。2009年2月現在3219の事業者が認証・登録されました。日本人宇宙飛行士の若田光一さんが宇宙で長期滞在に挑戦される現在、地球の大きさはそんなに大きくないことを実感しつつあります。限りある地球資源、環境コミュニケーション大賞表彰式の講評で聞いた「気候戦争の危機」へと向かわせないためにも、仁張工作所はこれからも『品質を良くすることは、環境にもやさしくなる事』を社内の共通認識として、持続可能な生産活動を進めてまいります。

2009年3月20日
代表取締役 仁張 正之

推進体制

組織図

この組織は、2009.3.20現在です
※EA21/ISO9001は、上記組織の責任者が推進責任者として活動しています
※EA21/ISO9001の推進事務局は、品質保証部が担当しています
※関連会社は、2007.11.21から本社製造部長が管理を兼務しています

II 事業の概要

事業者名

  • 株式会社仁張工作所
    代表取締役 仁張正之

所在地

  • 本社工場:〒578-0921 大阪府東大阪市水走3丁目14番6号
    URL:http//www.nimbari.co.jp/
  • 三和工場:〒620-1442 京都府福知山市三和町千束814
  • 関連事業所:織田電装株式会社(所在地は(株)仁張工作所本社工場内)

環境活動担当者の連絡先

  • 環境管理責任者:品質保証部長 山崎 周一
    連絡先:TEL 072-962-2888 FAX 072-965-5241
    E-mail:suginaga@nimbari.co.jp

事業規模(2009年3月20日現在)

  • (社員数は、役員・正規・嘱託・雇用延長・パート社員を含む)
事業所名 社員数 敷地面積 延べ床面積
本社+工場 71名 1,456m² 2,612m²
三和工場 11名 3,570m² 1,023m²
織田電装(株)   (株)仁張工作所本社内  

事業内容

  • 精密板金加工製品、別注スチール製家具・什器、箱物板金加工製品の製造
本社工場

III 経営理念追求の成果目標推進

当社は経営理念追求のプロセスとして「経営会議」を頂点に、部長会議、生産会議を推進体として位置付け、「中長期経営計画」→年度基本計画による会社目標→部門成果目標から、課成果目標→個人成果目標へと展開しこの中に、『環境目的・目標』を掲げ推進しています。
このメインツールとなる「成果目標制度」の2006年度成果を報告します。

推進は、毎月の部門推進状況を社長自らが確認し、次月の取組みを共有化、即ち、P.D.A.Cを回す総合マネジメント活動です。

III-1 2008年度成果目標推進結果

  1. 限界利益50% →50% 限界利益600百万→628.9百万
  2. 全体活動:改善提案効果金額 1,608万円/年 →1,968万円
  3. 客先クレーム:70件→95件/年
  4. 環境目標(詳細は、IV.環境維持改善への取組に報告)
    受注100万円に対する環境負荷(原単位)を捉え、月次・半期・年度の推移を確認
    (チェック)し、改善(アクション)を進めています。
    1. 電気使用量削減 →原単位(受注金額100万円)07年274kg 08年316kg/CO²
    2. 水使用量の削減 →原単位 07年3.21M3 08年3.35M3
    3. 産業廃棄物の削減→原単位 07年30.2kg →08年28.1kg
    4. 新紙使用量の削減→07年320千枚が08年350千枚

III−2 成果目標を支える全体活動

i )改善提案活動

表1
グラフ2

A)5S活動

表2.2008年度の5S活動成果
評価日 整頓 清潔 整理 清掃 総合
2007.12.20 3.1 3.1 3.2 3.4 3.3 3.2
2008.03.20 3.6 3.6 3.5 3.8 3.6 3.6
2008.06.20 4.1 4.1 4.2 3.9 4.4 4.1
2008.09.20 4.3 4.2 4 4.1 4.4 4.2
2008.12.20 4.3 4.2 4 4.1 4.4 4.2
5S活動評価
グラフ3.

清掃コンクール活動

当社の始業は午前8時からですが、7時40分から53分まで全部署、全社員が清掃割り当て表に従い
月次の目標(清掃委員会にアピールする)を掲げ実施しています。

素晴らしい清掃活動を行ったエリアは全体朝礼で表彰し、モチベーションを高めています。

空調機前のドアを清掃しています 自分の機械は自分で磨きをかけます
空調機前のドアを清掃しています 自分の機械は自分で磨きをかけます

W.環境維持改善への取組

また、近年ますます高まる環境への関心に合わせ、お客様のご要望に応えるべく
環境負荷物質の少ない原材料の提案、簡易梱包(梱包材の回収)等の提案、輸出の際の規制(RoHS法等)に
対応出来るかどうかも調査しております。

  1. 昨年に続きCO2削減としてクールビス・ウォームビスと作業改善による電気使用量の改善。
  2. 産業廃棄物の削減として、使用済み段ボールとOA紙のリサイクルを徹底。
  3. 初回作製品完成後に全関連部署が集まり、製品について話し合う場を設けた。
  4. NCターレットパンチプレス加工データをハードコピーから電子情報配布による紙使用量の削減。

IV−1環境負荷の状況

表3.年度別環境負荷状況
環境負荷項目 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
二酸化炭素排出量(電気・LPG) 総量(CO²換算/年) 374,798 368,886 ※369,531 390,446 384,234
産業廃棄物排出量(紙を除く) 総量(kg/年) 33,270 34,980 25,770 43,030 34,130
水使用量 総量(m³/年) 3,724 4,069 4,834 4,580 4,059
大気への排出物質 トルエン 総量(kg/年) 2,445 1,650 1,085 1,330 905
キシレン 総量(kg/年) 395.4 491.4 533.9 552.1 426.2
エチルベンゼン 総量(kg/年) 315.0 315.3 187.6 123.7 192.6
有害物質 6価クロム 総量(kg/年) 11.2 10.36 9.37 8.31 7.70
総量(kg/年) 231 244.3 215.9 197.6 101.0
  • 産廃排出量の2004年度は、正確な量が把握できていない
  • 2006年度は、新規製品社内加工により、電気が7,000kg/CO2増加している。

環境負荷単位の推移(環境負荷を売上100万円を原単位に算出)

表4.環境負荷原単位年度推移(単位kg)
  04年 05年 06年 07年 08年
CO²原単位 293.41 291.51 295.20 275.44 318.22
廃業廃棄物原単位 25.97 27.54 20.52 30.26 28.13
水使用量原単位(m3) 2.91 3.20 3.92 3.21 3.35
新紙使用量(千枚) 266 ◆345 356 305 350
裏紙使用比率(%) 53 66 63 72 69
グラフ8. グラフ9.
グラフ8.CO²原単位の変化 グラフ9.水使用量原単位の変化

IV-2 環境法令遵守状況

表5.環境法令尊守確認結果
適用法令(条例) 確認日 遵守状況
水質汚濁防止法 下水道法に変更 2005年4月法確認 -
下水道法 特定施設該当 2008年12月水質分析 規制値以下
大気汚染防止法 特定施設該当 2003年12月分析 規制値以下
悪臭防止法 特定施設該当 2003年12月分析 規制値以下
騒音規制法 特定施設該当 2008年11月設置許可申請受理 2009年1月
東大阪市検査合格
2008年11月測定(本社) 規制値以下
2005年7月測定(三和) 規制値以下
振動規制法 特定施設該当 騒音と同じ 規制値以下
騒音と同じ 規制値以下
産業廃棄物の処理及び
清掃に関する法律
特別管理産業廃棄物該当
(廃油)
2005年4月確認
2008年12月汚泥溶出
マニフェスト適合
規制値以下
特別産業廃棄物管理 特別管理産業廃棄物該当
(廃油)
特別産業廃棄物管理責任者設置(2008.5)
特別管理産業廃棄物看板設置(2008.5)

確認方法:

  1. 環境六法(H18年度版)やHPで、環境関連法規等による確認
  2. 東大阪市環境部に出向いての、環境届類の再確認
  3. 三和工場の騒音・振動測定を第三者に依頼し実施
  4. 織田電装の塗装前処理排水の水質分析を第三者に依頼して実施

結果

環境法令及び条例違反は確認結果の通りありません。

その他

08年05月26日、東大阪市より恩智側対岸のマンション住民から、騒音がすると東大阪市の公害対策課に
苦情があった。

【調査結果】 当社のコンプレッサー付近から音が出ていた。ドレンバルブが”開”だった。
ドレンを締め、まだ異音がするか確認。結果、情報提供者様からOKの返事をいただく。

【対応】 コンプレッサー始動・停止作業手順を、本社製造部で作成。関係者に手順の教育実施。
別途窒素発生装置の防音手段を取る。

IV-3 資源投入状況

当社の資源投入物質は、原材料の鉄板・ステンレス板、電気・LPGなどのエネルギー、
塗料・シンナー、製品輸送用車の燃料があります。

各セッションで報告している資源もありますが、全体を見るために表6.にまとめました。

表6.年次総資源投入量
  2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
主材料 鉄板(t) 1,564 1,458 1,716 1,685 1,246
ステンレス板(t) 123 92 89 111 117
塗料(kg) 30,189 25,035 20,142 32,392 30,232
シンナー(kg) 14,444 13,920 14,641 17,376 17,452
エネルギー 電気(kwh) 991,329 975,679 977,395 1,032,725 1,016,299
プロパンガス(m³) 2,618 2,763 2,613 2,633 2,541
灯油(L) 6,996 7,721 6,730 6,734 5,945
水(m³) 3,724 4,069 4,834 4,580 4,059
車燃料※ ガソリン+軽油(L) 10,405 10,616 11,811 11,197 11,673

IV-4 廃棄物量とリサイクル量の状況

表7.廃棄物とリサイクル量年次推移
  項目 処分先 2004年度 2005年度 2006年度 2007年度 2008年度
廃棄 汚泥(塗料カス)kg 委託契約業者 11,400 19,200 13,240 20,800 15,800
再利用 廃油(廃シンナー)kg 委託契約業者 2,470 3,560 6,270 6,080 8,930
廃棄 一般ゴミ kg 東大阪清掃事業 13,800 6,450 6,260 6,000 9,400
廃棄 木くず kg 東大阪清掃事業 5,600 5,770 0 2,850 0
再利用 ダンボール+OA紙 売却 2,850 9,051 9,020 8,860 13,840
再利用 鉄くず kg 売却 164,076 143,520 200,180 197,541 207,530
再利用 ステンレス kg 売却 13,955 9,697 18,118 12,688 16,404

IV-5 2008年度環境目的・目標と実績、評価

2008年度の環境目的・目標と実績を表8.にまとめました。

表8.2008年度環境目標と実績、評価
表8

主なデータを以下のグラフに示します。

i )電気使用量の年度別・建物別・月次使用量を表9.とグラフ6.と7.にまとめた。

表9.建物別年次電気使用量の変化
  05上 05下 06上 06下 07上 07下 08上 08下
本社 356,747 427,399 296,452 408,715 376,885 397,856 334,735 440,205
三和 68,830 83,588 72,266 86,324 82,801 95,668 77,645 83,540
菱江 - - - - - 14,356 11,778 16,746
本前 5,169 27,146 6,051 21,426 20,569 19,988 21,201 16,556
営業 8,588 8,305 7,961 7,542 7,373 7,441 8,153 7,681
第二 495 742 661 3,162 4,363 1,963 - -
合計 439,829 547,180 383,391 527,169 491,991 537,272 453,512 564,728
  • 本社工場の電気使用量は、08年5月にEMLを導入した事で大幅に増えた。
    その事が全体の電気量(及びCO2)を底上げしている。
グラフ6.
グラフ7.

ii )紙使用量と裏紙再利用率

紙使用量と裏紙再利用率の状況を、表10とグラフ8.にまとめる。

表10.紙使用量の年次変化(単位千枚)
  2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
新紙 266 345 356 305 350
裏紙 140 228 224 221 240
裏紙比率 52.6% 66.1% 62.9% 72.5% 68.6%
グラフ8.
  • 紙使用量は、2006年生産管理システムによる工程指示書発行で大幅に増加した。
    各工程に発行する生産指示書や現品表もカウントされている。

iii )プロパンガス

プロパンガス使用量の変化(建物別)
グラフ9.
塗装工程のプロパンガス使用量の変化
グラフ10.
  • プロパンガスの使用については、生産系は塗装工程の前処理液加温と水切り乾燥である。
    製品の水抜き改善を進める事で、水切り乾燥のエネルギー削減の効果が得られた。

C )塗装

塗料不良率の推移(塗料不良率:塗装不良による再塗装に使用した塗料を率で表しています)

グラフ11.月別塗料不良率
グラフ11.
  • 2008年08月の塗装不良の増加原因は、熟練者の退職とそれに伴う新入社員の増加等で、一過性である。以降は落ち着きを取り戻し、安定した品質で生産できている。
グラフ12.塗装前処理の水使用量
グラフ12.

製品の完成度を上げる事で、環境負荷を減らす取組み

初回製作品は全関連部署が集まり、出来上がった製品についてとことん話し合い、意見を出し合う事で製品の完成度を上げる協議を行う。

また、各課は自分の作業した部分が、完成品にどのような影響を与えるのかを学ぶ場にもなっている。

この時に、改善(品質・量産時の作業性・加工工数削減提案)を行い、次回に無駄をなくしてゆける。

V 主な環境活動の内容

(1)経営者による全体の評価と見直し

  1. 定期マネジメントレビュー 2008年11月19日に実施しました。
  2. 溶剤塗装から低VOC塗装への変更を検討した結果、粉体塗装の導入を進めて参ります。2009年度は、粉体塗装試験と評価を実施することになります。
  3. 部門成果目標月次報告チェック
    各部署毎に、月次の推進状況を社長と管理責任者が確認し、次月の課題を明確にし、その確認を翌月で確認する事で、PDCAを確実に回しています。

(2)内部監査による改善点顕在化と改善

2005年からEMSとQMSを統合した内部監査を実施し、環境への改善点顕在化を環境への改善点図っています。
2008年04月01日、不適合のランクを見直した。
Cランクは決められた事が実行されていない。Dランクは改善に向けたアドバイス。

表11.内部監査による不具合顕在化件数
  2005年 2006年 2007年 2008年
不適合(ランクA.B) 13 33 24 33
改善の機会(ランクC) 41 41 36 14
改善の機会(ランクD) - - - 9

(3)目的・目標実績把握と改善の指針

2005年以降、PDCAを回す活動を継続しています。

ES/QS管理責任者からの「活動推進状況報告と次月の指示」を、生産会議で
社長自ら報告と指示をすることで、内部コミュニケーションを確実にしています。

この報告には

  1. 内部監査の分析
  2. EMSの適合状況
  3. 目的・目標推進状況
  4. 法的及びその他の要求適合状況
  5. 社長コメントと指示事項

を記載。この報告は、成果目標部門月次チェックで指示事項の、実行確認をすることで意識的な活動に結び付けています。
このシステムは外部審査(EA21及びQMS)で高い評価を得ています。

(4)目標達成のために

2004年度からの活動で、環境記録がデータとして蓄積されています。このデータを生かし、2008年度も「環境目的・目標」を設定し、ターゲットを絞って改善活動を進めました。

  1. VOC削減
    • 2008年も、塗装不良による再塗装の塗料・シンナー使用量削減に取り組んだ結果、塗装不良率3.0%目標に対して1.35%という成果がとなりました。
      塗装職場における5S徹底などの改善活動が実を結びました。
  2. 電気の節約
    • 夏場に空調機稼動により使用量がピークになります、そのために2つの改善活動を進めました。
      • 空調温度設定を国が進めている温度にする。クールビス実施
      • チーム・マイナス6%に参加ウォームビズを実行
      • 電気使用量をデマンド警報器により、発報時空調を切る
    • また、2005年夏に切り替えた、本社3階の空調機を電気からGHPの効果もでている。
  3. 水の節約
    • 2006年下期より取り組んだ、塗装前処理の水洗水削減の水抜き穴の改善効果が結実しました。(グラフ5.12.を参照ください)

(5)グリーン調達適合品への取組

当社オリジナルのN-forme製品「貴重品ロッカー」を、環境にやさしい製品にするため、技術 グループが取り組み、適合製品の開発をしました。(項5の写真です)

(6)環境月間と地域活動への取組

毎年行なっている、6月の全国環境月間に合わせた活動を本年も実施しました。

社内に向けて

  1. 環境月間の由来と当社が取り組む理由を全部署で朝礼により啓蒙した。
  2. 全社員対象に「環境ポスター」を募集し、優秀(金・銀・銅賞)作品の表彰をしました。
    ポスターは、
    2005年44点
    2006年104点
    2007年67点
    2008年108点
    2008年のポスターは、参加人数、作成スキルも向上し優秀作品の選定に苦慮しました。
    (表紙に掲載のポスターが2008年度最優秀作品です)
    このポスターは、社内に掲示し、来場のお客様から高く評価されています
    また、ポスターは縮小印刷し活動記録としてアルバム保存しています。
この様な環境月間啓蒙ポスターを作成し、場内に掲示しました。
環境月間ポスター

地域活動

私たちの会社は地域あっての会社であり、地域貢献も大切な活動です。
そのため2004年度から続けている、本社工場東側にある【恩智側】遊歩道の雑草取りと清掃を2008年度も実施しました。併せて、三和工場周辺も実施しました。

また、6月だけでなく操業開始前には、工場内と周辺の清掃を毎朝実施しています。

活動記録【本社東側の恩智川清掃】2008. 6. 5実施
本社東側の恩智川清掃 本社東側の恩智川清掃
本社東側の恩智川清掃
6月5日環境月間 今年も清掃活動しました。これからも毎年続けます
活動記録【三和工場周辺の清掃】2008.6.6実施
三和工場周辺の清掃 三和工場周辺の清掃
三和工場周辺の清掃 三和工場周辺の清掃

VI 環境活動取組の評価

2004年度から開始した環境維持改善活動も、毎年、個々の取り組み内容が着実にレベルアップしています。

年度始めに、前年までの経過を素直にレビューしながら、具体的な活動目標をかかげ、従業員一同の環境マインド向上を図りながら活動推進した結果と評価しています。
また、雑誌 「ISOマネジメント」の2008年度12月号、および「エコアクション21マネジメントシステム」の活用特集では、
弊社を事例紹介として取り上げて頂けました
幸いにも、2007年度環境活動レポートが、第12回環境コミュニケーション大賞の環境活動レポート部門優秀賞に
選ばれるという栄誉を賜ることができ、2009年度への環境活動推進に向けて、従業員一同、更なる社会貢献への責任を
自覚するとともに、大いに意気をあげています。

今後も、関係の皆様のご指導をよろしくお願い申し上げます。

このレポートは、中央事務局さま、当社ホームページ、社内閲覧により公開しています。
この“2008年度環境活動レポート”を読まれた方々より、ご意見を頂けれは幸いです。

2009年3月20日
株式会社仁張工作所
環境推進事務局

EA21(環境経営システム)
名称 2008年度環境活動レポート
発行日 初版:2009年03月20日(版0)
     2009年11月11日(改1)
     (中間審査による指摘修正)
発行者 株式会社仁張工作所
作成者 品質保証部(環境推進事務局)
責任者 品質保証部長 山崎 周一
E-mail:s.yamasaki@nimbari.co.jp
TEL:072-962-2888