ものづくりブログ

  
                

操作ボックス・小型制御盤の組付作業風景

※サムネイルをクリックして他のイメージをご覧いただけます。

多品種少量の操作ボックスや制御ボックスを毎日生産、出荷しています。超短納期の顧客要求に対応すべく、自動設計⇒ネスティング(材料割付)⇒抜き⇒折り曲げ⇒溶接組立⇒塗装⇒アッセンブリー⇒検査・出荷の一連の流れを作りこむことで、スムーズにライン生産を流していきます。今後更なる仕組みのブラッシュアップを目指します。

材質 SPCC(スチール)
サイズ 100□からのフリーサイズ対応
ロット 1個から10個レベル