ものづくりブログ

  
                

屋外ステンレス筐体の溶接組立

※サムネイルをクリックして他のイメージをご覧いただけます。

精密電子機器類を組み込んだ屋外仕様(使用)のステンレス筐体を溶接組立しているところです。板金展開においては雨水が入り込まないような扉・樋構造を取っています。溶接時には歪がでてしまわないよう、木材で矯正をかける工夫をしています。溶接後の塗装時にパテ処理をうまく施すことで性能を維持しています。当社ではこのようなHUB-BOXや制御ユニットの板金製品を製作しています。

材質 SUS304
ロット 20~30台
お客様業種 電機メーカー様
特長

機能・用途に応じた溶接機器類を多数そろえています。当製品においては主に筐体組立てにおいてアルゴン溶接を、内部部品においてはスポット溶接をしています。