過去から現在まで

ものづくりへのこだわり

ハイブリッド型の一貫生産体制を支える
本社工場、三和工場、東大阪第2工場、
そして製造ネットワーク

当社のものづくりへのこだわりは、本社工場(東大阪市)と三和工場(福知山市)、東大阪第2工場(東大阪市)、そして東大阪地域を中心とする協力会社との連携によって実現します。現在では、常時取引を行う協力会社も11社(板金7社、塗装2社、アッセンブリ2社;2018年7月現在)となりました。
一見すると、協力会社は社外の存在であり、当社の生産体制は一貫していないようにも見えます。これに対して、当社では、「目利き能力」と「加工分解能力」をもとに、内(自社製造ライン)と外(協力会社)とを分け隔てなく最適化する「縫目のない組織」を目指し、これによって、一貫生産体制を維持しています。つまり、内(自社製造ライン)と外(協力会社)が連携し、それぞれの強みを活かし、一貫生産体制のもとQCDに優れた製品を製造しています。このような「ハイブリッド型の一貫生産体制」に研きをかけ、さらなるお客様の満足を追求してまいります。


組織の内に培った「こだわり」という強み