板金加工について

  

プレスブレーキ(ベンダー)による曲げ加工

通常、金属板を一定角度で直線的に曲げる加工には、プレスブレーキ(ベンダー)を使用します。この機械では、機械フレーム下部にV溝加工されたメス型(ダイ)を固定し、このメス型に上下するオス金型(パンチ)を押し込んで加工を行います。

image03.jpg

(1) 作業手順
1 )目的の曲げ作業に合う金型を選択する
2)メス金型を下部台座へセットする
3)メス金型のV溝にオス金型の先端が適切に合うようにオス金型をセットする
4)メス金型上に置いた板材表面にオス金型刃部先端を近づけて曲げ線を合わせる
 (もしくは位置を精度高く設定できるバックゲージを利用する)
5)曲げ過ぎないよう、第1段目の予備曲げを行う
6)第1段曲げの角度を計測、スプリングバック戻り量などを考慮し、第2段階曲げを行う。

ベンダー加工とは、いわゆる"曲げ加工"のことで、その加工機をNCベンダー(ベンディング)マシン、プレスブレーキと呼びます。NCに板厚、曲げ角度、曲げ寸法、などを入力することによって、精度の高いベンド加工がなされます。基本的にNCタレットパンチプレス工程の次の工程となることが多く、次工程は、組立溶接工程になることが多いです。ロッカー・筐体などのスチール家具における溶接組立のし易さ、完成度は、この曲げ加工の精度(できばえ)に拠るところが非常に大きいといえます。言い換えれば、いかに直角や指定角度に曲げることができているかが大切になってきます。最近導入したハイブリッドベンダー機は、上流CAMからの加工指示によって、曲げ加工情報(データ)が送信され、送られたデータ手順通りに作業すれば、イージーオペレーションが実現できる優れものです。
(1)作業の手順
ベンダー加工は基本的には以下のような手順・要領で行います。
1)納期の確認・・・生産計画・作業指示書で納期・順序を確認します。
2)加工部品受入検査・・・加工部品の員数・状態を確認します。
3)金型セット・・・折曲形状に適正の加工可能な金型の選択を行います。
4) 加工データ入力・・・図面に基づいて、寸法・角度の入力を行います。(データ記録活用)
5) 試し加工・・・試し加工を行い、品質確認を行います。
6) 加工・・・加工とともに検査を行います。検査の記録はチェックシートに記載されます。
7)識別・移動・・・加工後の完成部品は、現品票で識別され、組立や塗装などの次工程へリリースされます。
(2)よく使われる用語:色々な曲げの種類
1)直角曲げ:ワークを直角に折り曲げする加工のこと。
2)Z曲げ(切起こし):ワークをZ型状に切り曲げすること。
3)へミング:いわゆる"ぺしゃげ"。主に安全面向上のために一旦折り曲げしたり、バーリング加工した後に再度つぶし曲げをして2枚の板厚を重ねるようにすること。 カーリングともいいます。
4)箱曲げ:ワークの4辺を同一方向に曲げ、箱状にすること。
5)V曲げ:加工断面がアルファベットのV字状になる曲げ加工のこと。
6)ロール曲げ
・機械板金において、板材を加工しパイプ状に成型するような曲線曲げ作業には大きく二つの方法があります。
<1>専用の3本ロール成形機を使って成形する方法         
<2>必要角度の曲げを1~2mmの間隔で連続して行う方法(追曲げ、送り曲げ)

image04.jpg

7)バックゲージ:ベンダーマシンにおいてワークの位置決めをするための後ろのストッパー、当たりのことを指します。