ニュース(2012年バックナンバー)

  

恒例の冬のおでんパーティを行いました

12/22(土)毎年冬に恒例のおでんパーティを行いました。
土曜日でしたがパートの方々が
おでんやおにぎり、お寿司等々・・準備をしてくれました。
17:40に社長の乾杯の音頭でスタートしました。
会社全体の忘年会も兼ねているパーティですので、
みな他部署のメンバーとの交流も盛んです。
おでんは温かくてとても美味しく、凄まじいスピードでなくなっていき、
又、社長がお手製のあつあつのたこ焼きを振舞って下さったり、
パートの方々がおもちを振舞って下さったり、皆満腹・大満足でした。
20:30頃までパーティは続き、最後は万歳三唱でお開きとなりました。

12/28の終業まで残りわずかです。
気持ち良く新年を迎えられる様、気を緩めず、最後まできっちり仕事をやり切ります。

背景.jpg2012おでん.jpg

投稿日:2012.12.26 | 記事URL

本社外壁改修工事を行っています

仁張工作所ではこの度、本社の外壁改修工事を行っております。
12/17にはメイク工事が完了致しました。
以前は屋根が濃い青、外壁が真っ白だったのですが、
今回屋根を紺色、外壁を薄いブルーがかった色へと塗替え、
キリッとしたイメージに変わっています。
竣工は12/24の予定です。
足場も取れ、新生仁張工作所が見られる日を社員一同楽しみにしています。

背景1.jpg背景2.jpg背景3.jpg背景4.jpg

投稿日:2012.12.18 | 記事URL

三和工場に大型ディスプレイBIG_PADを導入しました

2012年11月29日にテレビCMでも話題のSHARP製大型ディスプレイBIG_PADを三和工場に導入しました。

画面の大きさは70インチもあり、工場の広い空間に設置しても圧倒的な存在感でとても見やすいです。

BIG_PADの一番の特徴は何と言っても画面全面がタッチパネルになっているということです。
付属しているペンソフトが秀逸で、手書き感覚とほとんど遜色がないため、
会議などでよく使われているホワイトボードの代わりにもなり、
また、打ち合わせした内容をそのままPDFデータで保存する事もできてとても便利です。

本機の導入目的は主に次の2点です。
・過去の品質不具合状況の共有や図面だけでは表現し難い加工技術解説、
作業手順等を写真や動画、手書きによりデータベース化する。
・また、この情報を「いつでも」「誰でも」「簡単に」共有し取り出せること。

この目的を達成させる為、現在はインターネットエクスプローラーで見れるように
三和工場独自の品質管理システムを構築中です。
これらのツールをフルに活用し、今後も「品質」「コスト」「納期」において、
より一層お客様に満足して頂ける体制作りを目指し取り組んでいきます。

2012.12.13-001ap.jpg2012.12.13-002ap.jpg2012.12.13-003ap.jpg2012.12.13-004ap.jpg

投稿日:2012.12.13 | 記事URL

消防訓練を実施しました

12/11 東大阪市消防局の隊員の方々立ち会いの下、消防訓練を実施しました。
本社2階のストーブが火元の設定で、
事前に決めておいた「初期消火係」が火元に駆けつけ、初期消火を実施。
又、「避難誘導係」は持ち場のメンバーの避難誘導を行いました。
非常ベルが鳴り、4分で全員避難完了。
その後、初期消火係が避難完了して4分30秒でした。
全員集まった場で消火器・消火栓訓練も実施しました。
最後、消防隊員の方に講評を頂き、避難完了迄の時間については良しとのことでした。

お話の中で火災での一番の死亡原因は「煙にまかれて」とのことで、
初期消火の際は無理をせず、危険と感じた際は逃げること。
また、必ず応援を呼び、一人で行動はしないこと。
他には消火栓はホースを伸ばしてから使用すること等を今回教えて頂きました。
又、実際の火災原因の1位は「放火」とのことです。
放火されない環境づくり(燃えやすいものを建物の周囲に置かない等)が
大切ということも学びました。

実際の火災では確実に慌ててしまうので、定期的な訓練が必要です。
弊社では消防訓練を年1回実施しております。
今後も万が一火災が発生した場合に備え、真剣に取り組んでいきます。
001.jpg002_1_1.jpg003.jpg

投稿日:2012.12.12 | 記事URL

2012年度品質月間標語優秀賞が決定しました

2012年11月財団法人日本科学技術連盟様主催の第53回品質月間に際して
社内にて恒例の品質月間ポスター及び標語の募集を行いました。
(募集期間10/21~11/20)
標語につきましては全体で111点もの応募があり、
金賞1点、銀賞2点、銅賞3点を選考により決定致しました。
以下、今回選び抜かれた標語を6点紹介させて頂きます。

金賞 「しゃーないやん」 言った分だけ 仕事減る
銀賞 品質は決まった手順の積み重ね
銀賞 標準化 進めて安心 クレーム防止
銅賞 安さより 品質勝負 Nマーク
銅賞 再挑戦!! 初心に戻って 品質向上
銅賞 小さな気づき より良い職場 より良い品質

これら優秀賞は今後の品質活動において使用され、
又、短冊にして社内に掲示もされます。
ポスターの優秀賞選考は後日となりますので、又紹介させて頂きます。

このような弊社の取り組みも今年で9回目になります。
今後も継続して、品質不具合改善の機会と捉え取り組んでいきます。

投稿日:2012.12.04 | 記事URL

たけみ小学校の皆さんが工場見学に来られました

11.30 たけみ小学校の皆さんが工場見学に来られました。
社長による仁張工作所のお仕事の紹介、工場見学という流れで進めました。
まず、オリジナル商品の防火衣ロッカーマップケース展示ケーススポーツロッカー
さらに新商品であるパーソナルロッカー"Boxe(ボグゼ)"を紹介させて頂きました。
又、サプライヤーとしてのお仕事の紹介(ゲーム機等)もさせて頂きました。
皆さん興味を持って聞いて下さり、問い掛けに対しても元気に答えてくれました。
その後工場見学を2チームに分かれて行いました。
製造工程順に設計→機械→組立→塗装→仕上と進み、
目の前で、レーザー加工機で『たけみ小』と抜かれていく鉄板の様子は
特に興味津々で見て下さっていました。
安全にも気を付けながら、無事工場見学を終えることができ、
お土産に『たけみ小』と抜いた鉄板に黄色く塗装をしたプレートを
一人一枚ずつ持って帰ってもらいました。
ものづくりの流れを知り、1枚の薄い鉄板から様々な製品を
作ることができるということを知ってもらえた良い機会となりました。

1.jpg2.jpg3.jpg

投稿日:2012.11.30 | 記事URL

テクノメッセ東大阪2012に出展させて頂きます

11/7(水)、8(木)の2日間にわたりマイドームおおさかにて開催の
東大阪商工会議所様主催『テクノメッセ東大阪2012』に
仁張工作所も出展させて頂きます。
今回は2012年新登場のロッカー「Boxe(ボグゼ)」を
展示させて頂く予定です。
売れ筋の「ラインスクエア」も様々なカラーを取り揃えました。
足を運ばれる皆さまには仁張工作所ブースにも
是非お立ち寄り下さいますよう、宜しくお願い致します。

11.6.jpg11.6.2.jpg

投稿日:2012.11.06 | 記事URL

ベトナム人実習生第6期生2名の送別会を行いました

10/26ベトナム人実習生第6期生のスアンくんとキエンくんの送別会を行いました。
仁張工作所で3年間、スアンくんは塗装仕上課仕上グループ、
キエンくんは機械組立課溶接グループで多く研修を行い、
各々持ち場ではその実力を発揮してくれました。
仕事を着実にこなしてくれたり、
社員では伝えきれていない細かなところを
アルバイトに来た方に説明してくれたり、
非常に有り難い存在でした。
日本語も、日本語検定で級を取得するほどまでに上達し
周りのメンバーとも積極的にコミュニケーションをとってくれました。
送別会では第7期生ベトナム人実習生からの送る言葉等もあり、
ほのぼのとしたパーティとなりました。
母国のベトナムへ帰り、又新たな人生が始まりますが、
仁張工作所で得た技術や日本語能力を活かし、
今後につなげていってもらえたらという思いで、
最後には"万歳"をして新たな門出を祝いました。
さみしい思いもありますが、くれぐれも健康には気を付けて頑張って下さい。


DSCF6027.jpgDSCF6063.jpgDSCF6067.jpg

投稿日:2012.10.31 | 記事URL

機械組立課組立グループの山崎さんが定年退職となりました

30年間にわたる長い間、仁張工作所で働いていただいた山崎さんが
定年退職を迎えられることとなりました。
溶接組立の中心的存在として、
職人の素晴らしさと若い次世代への技術伝承を示してくださいました。
ありがとうございました。

001_1.jpg002_1.jpg003_1.jpg

投稿日:2012.10.26 | 記事URL

精密板金サイトをリニューアルしました

この度、弊社精密板金サイトをリニューアルしました。
あらゆる産業機械・装置の筺体・部品加工における
必要要素技術である、箱物板金加工技術ならびに
精密板金加工技術をより詳しく紹介させて頂いております。

http://www.n-bankin.jp/

昭和39年の創業以来蓄積して参りました仁張工作所の技術が、
動画とともに余すことなくご覧頂けるサイトとなっております!

是非とも弊社を板金加工のパートナー・サプライヤーとして
ご検討いただきますよう、宜しくお願い致します。

投稿日:2012.10.23 | 記事URL