仁張正之プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
仁張工作所 関連サイト

2016年11月15日

エコアクション21更新審査

DSCN1257.JPG
 11月14,15日と環境マネジメントシステム(EMS)エコアクション21の更新審査が仁張工作所で実施されました。今年の審査では、昨年12月まで別会社として経営していた塗装会社(織田電装)を仁張工作所に統合したこと、1月から新しく東大阪第二工場を稼動したことにより対象の組織や事業所の変更がありましたのでこれらを含んで、現場確認とヒアリングによる審査を受けました。担当していただいたM審査人は当社に対して、今回で通算4回目の審査をしていただくことになる方です。1回限りのサンプリングによる審査だけでなく、継続して診ていただくことによって当社の経年変化や定着性など、より深く審査評価を受けることができました。
 2日間にわたる審査の結果、エコアクション21ガイドライン2009年版の要求事項に対して不適合はありませんでした。
DSCN1264.JPG

... 続きを読む "エコアクション21更新審査">>

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2016年11月15日 16:23

2016年11月12日

最新ネットワーク対応ベンディングマシンを導入しました

IMG_1143.JPG
 本社工場と三和工場(京都府福知山市)に最新型のベンディングマシン(アマダHGシリーズ)を設置しました。今回の設備投資は、長年使ってきたプレスブレーキ(アマダRGシリーズ)をリプレイスするものですが、生産性と精度において格段の進化があります。これまでの機種(RGタイプ)自体、数世代前の折曲機械ですが中古機でも人気があるベストセラー機種でした。その機種に比べて50%以上の加工時間削減が期待されています。この新型設備の持つ機能をすべて使えるよう社員には頑張ってもらいたいです。
 仁張工作所では、これまでもネットワーク化やペーパレス化を進めてきましたが、折曲工程では、ベテラン社員のスキルに頼っておりました。最新設備の導入により、ベテラン社員から若手社員まで切れ目が無いよう、技能とIT技術の相互交流を行い、機械のハイブリッド化(油圧+サーボモーター)だけでなく、ITと人材のハイブリッド化や本社工場-三和工場のハイブリッド化で他社に負けない設備体制を整えて行きたいと考えています。
IMG_4933.JPG
IMG_4931.JPG

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2016年11月12日 16:59

2016年11月10日

産業展「第29回テクノメッセ東大阪」に出展しました

 東大阪商工会議所主催の産業展が、大阪市中央区のマイドームおおさかで9,10日に開催されました。仁張工作所も毎年参加してます。今年はスポーツロッカーを展示しました。私は中学から大学までと社会人でも少しラグビーをしており、2019年にワールドカップラグビーが日本で開催されること、そして東大阪市の花園ラグビー場が会場に選ばれたことをたいへんうれしく思っています。そしてワールドカップラグビー2019に向けて改装される花園ラグビー場に地元企業としてスポーツロッカーを納入したいと切望しております。
IMG_4926.JPG

... 続きを読む "産業展「第29回テクノメッセ東大阪」に出展しました">>

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2016年11月10日 15:30

ページトップ

©2007 NIMBARI KOUSAKUSYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.ホームページ作成bit.