仁張正之プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
仁張工作所 関連サイト

2018年9月14日

第6回人を生かす経営全国交流会in宮崎

IMG_0639.JPG 宮崎県で開催された、中小企業家同友会全国協議会主催の第6回人を生かす経営全国交流会に参加しました。「人を生かす経営」とは、どうゆうことかと言うと、中小企業経営者は社員を雇用して事業を行い、社会と関わりをもちます。関わりを持つということは、社会の役に立つということです。1人で事業を行なっても、できることはしれていますから、人を雇用します。会社という組織ができるということです。
その時に、いかに一人ひとりの人(社員)が、その人の持つ能力を最大限に発揮できるか? つまり、自主性をもって主体的に生き生きと働く環境をつくるかが経営者の役割となります。そういった取組みを実践し、成果をあげている中小企業経営者の話が聴きたいと思い参加しました。

 1泊2日の交流会には、全国各地から540名の中小企業経営者が集まりました。中小企業家同友会では、人間尊重の経営をしようという考えが中心にあります。経営者と社員との間には、雇用契約の中でそれぞれの役割は違うが、互いの人格を尊重し対等の関係であるというものです。そうすれば、人は仕事にやりがいを感じ、自主的をもって主体的にいきいきと働くことができ、やがては離職率0%になる。このように書くと、それはそうだと思いますが、実際に経営していると簡単にはうまくいきません。
 それは、人それぞれ、価値観も性格も生い立ちも違うからです。

... 続きを読む "第6回人を生かす経営全国交流会in宮崎">>

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2018年9月14日 11:47

2018年9月 7日

ラグビーポール筒穴土除去具

IMG_3504.JPG
 「ラグビーポール筒穴土除去具」って、名前の通りのものですが何だかわかりますか?
ラグビーの試合時にH型のポールを立てますが、そのポールは取り外しができます。そのために地面にはポールを立てる筒が埋め込まれています。ポールをはずしている時は蓋をしますが、地面表面よりやや埋めてあるので、雨の時など隙間から土が入ってしまうことがあります。筒の中の土が少しずつ堆積してポールの土中に入る長さより浅くなるとラグビーポールが正しい位置まで入りこまなくなってしまうのです。そうなると、狭い筒中の土は人の腕の長さ以上の深さ以上に排出するのに苦労します。その問題を解決するためにつくったのが「ラグビーポール筒穴土除去具」です。自分の母校である四條畷高校から相談があり、仁張工作所で図面を書いて作ったのが最初です。今回は、大阪のラグビー強豪校、常翔学園高校の顧問の先生が母校の先生に相談があったことがきっかけで注文をいただきました。久しぶりに製作したことと、今年は特に強いと聞いてるチームを見たくて、私が納品と実際の"性能"の確認に行ってきました。
IMG_3505.JPG
IMG_3507.JPG

... 続きを読む "ラグビーポール筒穴土除去具">>

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2018年9月 7日 08:58

ページトップ

©2007 NIMBARI KOUSAKUSYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.ホームページ作成bit.