仁張正之プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
仁張工作所 関連サイト

2019年5月22日

2日続けて大学でゲストスピーカー

IMG_3973.JPG
 5月21日近畿大学経営学部「中小企業経営者論」、5月22日立命館大学大学院経営学研究科特殊講義のプログラムでゲストスピーカーとして経営実践報告をする機会をいただきました。前者は、仁張工作所が大阪中小企業投資育成会社の出資をうけている関係で、後者は大阪府中小企業家同友会が立命館大学経営学部・大学院経営学研究科と連携協力協定を締結したことがきっかけで授業の1コマを担当させていただいたのです。2日間続けて、たくさんの若者と接することも初めてでしたし、担当の先生からのリクエストも少し違ったので、全く同じ内容で60分講師をするのではなく、私の社長になって23年目の経営体験報告を中心に、近畿大学経営学部では「中小企業のIT利活用事例」について、立命館大学大学院経営学研究科では「事業継承をどのようにしたのか」などを盛り込んで、パワーポイントを使って学生さんに聴いてもらいました。
 IMG_3982.JPG

IMG_3976.JPG
近畿大学経営学部で私が報告した内容は、大阪中小企業投資育成会社のホームページに掲載されています。https://careermagazine.toushiikusei.net/e9584.html
興味があれば是非、アクセスください。近畿大学東大阪キャンパス内のアカデミックシアター内の図書館には、当社が製造した什器もたくさん使われています。授業の最初の'つかみ'としてたいへん助かっております。また、授業の最後には学生にはミニレポートの提出があって、そのテーマをゲストスピーカーが出題せよとのこと。「もしあなたが中小企業経営者ならば、自社を拡大する経営をめざしますか、それとも自社に見合った適正規模を維持する経営をめざしますか? その理由も合わせて記述してください。」という内容のテーマにしました。このテーマは私もまだ考えが定まってないテーマです。
ミニレポートと授業の感想の写しをいただき、分類してみました。その結果 ①適正規模を維持する 92名(62.6%)、②拡大する 50名(34.0%)、③どちらともいえない 5名(3.4%) という内訳でした。学生の皆さんのレポートをさらに深く拝読するつもりです。ありがとうございました。
IMG_3987.JPG
立命館大学大学院経営学研究科の授業では、私の報告の後、質疑応答があります。担当の守屋教授や外国から学びに来てる学生さんも交えて、この時間も楽しみな時間です。事業承継については、親も考えているが、子供も考えていると感じました。

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2019年5月22日 15:10

     
<< "安全・品質・納期・コスト" 戻る "春の花壇もそろそろ終わりです" >>

ページトップ

©2007 NIMBARI KOUSAKUSYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.ホームページ作成bit.