仁張正之プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
仁張工作所 関連サイト

2018年5月26日

神戸大学深江グラウンド芝生化に協力

IMG_0062.JPG
 中学1年からラグビーを始め、高校、大学とラグビー部に所属していました。神戸大学ラグビー部OB会では昨年のOB総会で、ラグビー部が主に使っている神戸大学深江キャンパスのグラウンド芝生化計画が承認され、全学ラグビー部OB会と医学部ラグビー部OB会が中心となってプロジェクトが始まったことを知りました。私も昭和58年卒業生の学年幹事を拝命しており、昨年7月の学年幹事説明会に出席、OB寄付目標3000万円を如何にして集めるか論議、自分も含めて昭和58年組への絶大なる協力依頼等に取組みました。神戸大ラグビー部OB会の趣意書やQ&A配布のほか、OB会の結束は素晴らしく、昨年12月の時点で目標金額を突破。これを受けて大学当局と深江グラウンド使用体育会よる芝生化実行委員会が正式に設立されたそうです。2018年にはいり、施工業者が甲子園の芝生も手掛ける阪神園芸に決まり土壌整備や散水設備工事が終了し、今年5月26日に芝生の苗の植え付け作業を実施。この植え付け作業には多くの人手が必要で、グラウンド使用する体育会の現役部員やOBら約220人が参加、私も参加してきました。
IMG_0060.JPG

 神戸大学深江グラウンドは旧神戸商船大学深江キャンパス内に位置し、2003年に神戸大学と統合、現在は体育会ラグビー部等が主として利用するグラウンドです。現在関西大学ラグビーBリーグに所属する神戸大ラグビー部ですが、Aリーグ、Bリーグに所属する大学18校中、芝生グラウンドを有しないのは今や神戸大学のみという状況で、ラグビー部にとって、グラウンドの芝生化は現役とOBの悲願となり、その機運が高まったのでした。
IMG_0064.JPG
当日の苗の植え付け作業では阪神園芸の指導の下、塩分にも強いティフトン芝を、鳥取方式という50センチ四方の面積に一株の芝生苗をグラウンド全体に植付ける作業です。事前に、紐で区画割された区画に4名ずつ入って植付けします。9:30集合し、説明の後作業開始、15時頃に計画通り作業が完了しました。現役部員のパワーのおかげで無事完了しました。6月~9月の養生でほぼ全面が芝生化するそうです。神戸大学深江グラウンド芝生化に、自分が自ら植え付けした芝の苗も含まれて感激です。10月頃にまた訪ねたいと思います。

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2018年5月26日 18:10

     
<< "中同協第50回定時総会in宮城" 戻る "今日は誕生日です" >>

ページトップ

©2007 NIMBARI KOUSAKUSYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.ホームページ作成bit.