仁張正之プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
仁張工作所 関連サイト

2009年11月 4日

うれしい入賞

09.11.04-1jpg.jpg
仁張工作所には、ベトナムから来ている研修実習生が現在4名在籍しています。2003年からこの制度を活用してこれまでで5名が期間満了して帰国しました。彼らは、当社で溶接技術を身につけ、お金を稼ぐことを主目的としていますが、それ以上の財産になると思うことがあります。それは日本語をしっかりマスターすることです。だから当社では日本語の勉強になる事を彼らに勧めています。日本語作文コンクールがあれば、必ず応募するように働きかけてきました。先日、お世話になっている受入れ機関の方から応募した『ありがとう作文コンクール』で当社から2名の入賞者が出たことの連絡を受けました。本日、わざわざ実行委員長が表彰状と商品を持ってお越しくださいました。

09.11.04-2jpg.jpg
入賞した2名のうち、1名は今年7月に3年間の期間を満了して帰国しました。もう一人は来日して2年2ヶ月のフィー君が優秀賞を受賞したのです。応募総数340編の中から、最優秀賞1編、優秀賞4編、特別賞1編、佳作24編が選出された中での入賞です。
 仁張工作所の研修実習生として初めての作文コンクール入賞です。本当にうれしかったです。作文は「自転車がこわれている」という題名で、朝の出勤途中に突然自転車が壊れてしまい、自転車を押しながら歩いて向かっているとその道中の家のおじいさんが自分の家の自転車を代わりに使わせてくれ、帰社時に立ち寄ると壊れていた自転車を直して下さっていたこと。そして現在も交流が続いていることが書かれた内容です。文章はあちこち間違いがあるけれど、気持ちがとてもよく伝わる作文でした。フィー君おめでとう、あなたは言葉のほうは、改善の余地がまだまだあるけれど、文才があるのですね。文章は僕も負けそうなぐらい気持ちが伝わりましたよ。

株式会社仁張工作所 仁張正之 投稿日時: 2009年11月 4日 17:19

     
<< "選手用ロッカーに'運'が宿った" 戻る "地元小学校5年生がやってきた" >>

ページトップ

©2007 NIMBARI KOUSAKUSYO Co.,Ltd. All Rights Reserved.ホームページ作成bit.