仁張工作所のオリジナル製品へのこだわり

大手スチール家具メーカーのカタログには載っていないオリジナル性や、便利さを追求したい気持ちは誰にだってあるはず。
【そんな願いを叶えたい!】仁張工作所は、あなたのイメージの中にある製品をそのまま“カタチ”にすることを目指しております。



  1. 仁張工作所
  2. 会社案内

会社案内

創業50周年の節目を経た現在、仁張工作所は「変貌を果たす」新たなステージへ。

1964年10月1日、東海道新幹線が開通した記念すべき日に産声をあげた「仁張(にんばり)工作所」は、2014年10月1日に創業50周年の大きな節目を迎えました。創業以来、弊社は主としてスチールやステンレスの薄鋼板を加工して各種保管庫、キャビネット、デスクなどを設計・製作するなど、幅広い用途を持つ箱物板金製品・各種精密板金製品を提供してきました。現在では多業種・多業界における1次サプライヤーとしての板金加工部品供給を筆頭に、OEM製品やオーダーメイド、オリジナル製品など、多様な製品を提供し続けています。
 このたび、2012年に公表した「知的資産経営報告書2012」に続く、「知的資産経営報告書2015」を発行する運びとなりました。当社は、3年間を中期経営計画の策定・実行単位と捉え、2000年より計画・実践を重ねてまいりました。これに併せ、前中期経営計画の総括と現中期経営計画の展望を多くの皆様方へお伝えすることを目的に、現中期経営計画の開始年に合わせて公表することに致しました。

この知的資産経営報告書は、当社の経営活動に関わる多くのステークホルダー、すなわち社員とその家族、顧客、仕入先、金融機関や支援をいただく専門士、行政・地域などに当社の状況を理解いただくツールとしても機能しており、これまで2度にわたり公表しております。
「知的資産経営報告書2015」では、第5次中期経営計画(2012年-2014年)を総括するとともに、2015年から開始した第6次中期経営計画(2015年-2017年)の展望を示します。

第5次中期経営計画では、第4次中期経営計画(2009年-2011年)を契機に取組んだ「異なる仕事、業界へのチャレンジ」が結実、大幅な受注増加となりました。受注の増加に対応するため、ものづくり中小企業の集積地という地域資源を活用し、内部(社内)だけでなく、外部(社外)の協力会社の開拓と連携を積極的に進め、自社をハブ(HUB)とした製造ネットワーク構築に取組みました。結果、この計画期間中に飛躍的に取引規模そして企業規模を成長させるに至りました。そして創業50周年を迎えた2014年には、社員100名、年商20億円、総資産20億円に到達することができました。この成長基盤をもとに展開する第6次中期経営計画では、当社の立ち位置を「中堅企業」として捉え直すことと致しました。中堅企業として必要な能力は何かを常に問い、中堅企業としての責任を認識し、社員みんなが誇りを感じる企業を目指して日々研鑽を積んでまいります。

本サイトを通じ、少しでも多くの皆様方に、私たちのこれまでの歩み、そしてこれからの展望をご理解いただき、より一層ご支援・ご協力いただけることを祈念します。

代表取締役:仁張正之

代表取締役
仁張正之

  • 会社概要・沿革
  • 経営理念・会社方針
  • ニュースリリース
  • 地図・アクセス方法

株式会社仁張工作所 営業課までお気軽にご連絡ください!

株式会社仁張工作所の営業課です。

株式会社仁張工作所のホームページにアクセスして頂き、誠にありがとうございます。
当社ではスチール家具や板金加工についての様々なご意見をお聞かせ願いたいと考えております。ホームページについての感想、お問い合わせ・見積もり依頼など、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る